*

人類についての全てがわかる!サピエンス全史が最高に面白い!!【休学3日目】

一時期話題になった「サピエンス全史」という本を僕も読んでみたのでそこで得た知識についてまとめてみました。

 

人類には3つの革命があったということを中心に論理が展開されていたので、ここでもその論理を軸に話を展開していこうと思います。

 

1.認知革命

大昔にはホモ・サピエンス(現在の人類)以外にも様々なサピエンスが存在していました。

 

また、サピエンス以外にも様々な動植物がこの世界には存在していました。

 

しかし、現在の地球を支配しているのは間違いなく人類です!!

 

では、なぜ人類はここまで反映するに至ったのでしょう?

 

まず、最初の要因は「認知革命」というものです!

 

全ての動物には行動を統制するための言語があります。この言語の汎用性の高さがホモ・サピエンスの繁栄につながったというのです!

 

ホモ・サピエンスは言語によって架空の共通認識を生み出しました

 

これにより大規模な集団行動が可能になりました。

この集団行動によってホモ・サピエンスはより大きな獲物を狩れるようになり大昔の世界を生き延びたのです。

 

そしてホモ・サピエンスが世界中に広がるとその地域にいる他のサピエンスと領地をめぐり戦いますが、ここでもホモサピエンスの言語の汎用性の高さが生きます!

 

連携のとれた集団行動によって次々とその他のヒト科の動物を絶滅させます。

 

そして地球のサピエンスを統一したホモ・サピエンスは次の困難に陥るのです!

 

それが、狩場の不足です!

 

ここで、ホモ・サピエンスは一定の場所から一定の作物を得る可能性を模索し始めます。

 

つまり、ここで農業に人類が目覚めるのです!!!

 

これは農業革命と言われています!!

 

2.農業革命

農業革命が起きることによって人類は定住をすることが可能になりました。

 

定住が可能になることで、天敵から身を守ることが可能になったため、より一層人口増加が起こります!

 

これは一見すると良いことに思えますが、これによって村落に肺炎などの疫病が蔓延し始めます。

 

この疫病の蔓延は今後しばらく人類を苦しめることになりますね。

 

いまだに人類はインフルエンザなどの疫病に苦しめられていますしね。

 

また、人類の増加にともなって秩序が必要になってきました。

 

ここで生まれたのが宗教の発展なんですね!

 

一番有名なのはハンムラビ法典ではないでしょうか。ハンムラビ法典は宗教を元に生まれた法律です。

 

宗教によって秩序が生み出されます!

 

宗教の発展によって生まれたもののもう1つには「芸術・美術・哲学」があります。

 

これによって専門家が生まれます!

 

専門家などのような賢い人が生まれることによって身分が生まれてしまいます

 

ここで身分階級が生まれます。

 

ここで身分が上のものがより、研究などに力を入れるために税制が出来上がるんです!

 

今でこそ当たり前の税制度はこんなに昔からあるんですね!

 

そして、この税の計算をするために会計士が生まれ、会計士たちが数字という書記体系を生み出すんです!

 

このように文字という書記体系が生まれることによって、後世に記録を残せるようになり、ここから人類の発展が急速に早まるんです!!

 

そして、専門家たちがより様々な分野に足を踏み入れるようになり、工業革命が起き生産の自動化が可能になりました!

 

3.工業革命

工業革命によって、人類が何もしなくても生産が可能になりました。

 

つまり24時間効率的に生産をすることが可能になったのです!

 

この中でも今後最も大きく発展しそうなものはAIですね。

 

現在AIは人と簡単なやり取りをし、生活を少し便利にできる程度のものです。

 

しかし、最近ではその発展が目覚ましく、ついにはサービス業にとってかわるかもしれません!

 

自動運転が可能になればタクシーの運転手はいらなくなるというのが1つの例です!

 

そして今では、AIはDeep Learningによって勝手に学習するようになりました。

 

これで、人間の力を借りることなく作業をより効率的に行うようになったんです。

 

つまり、AIは今後人間を超えるようになるかもしれません。

 

また、今では怪我をしている部分を機械に変えることによって治すことができるようになってきています。

 

これは人類のサイボーグ化と言っていいでしょう。

 

このように人類の大部分を機械に変えることによって、人類は寿命というものに縛られることがなくなります。

 

そのようになった時に今の世界の法律や倫理観は通じるのでしょうか?

 

このような前時代の常識が通用しなくなる地点を特異点シンギュラリティ)と言いますが、もしかしたら特異点はすぐそこまで迫っているのかもしれませんね。

 

4.最後に

今回は革命の3つの柱についてを中心に書いたので、貨幣の誕生の背景などを乗せることができなかったので、それはまた別記事でまとめたいと思います。

 

人類は今まで様々な経験を経て進化をしてきたわけですが、今も刻一刻と進化を続けていきます。

 

今では毎日のように様々なビジネスが生まれ、様々な稼ぎ方が生まれ、少し前の常識が全然通用しない時代になってきているわけです。

 

こんな時代ですから本当にいつかは特異点が訪れるでしょう!

 

その時にはどんな世界が広がっているのか?

 

人類は地球外の惑星に進出しているのか?

 

これからの人類の進化が楽しみです!

 

このように毎日このブログでは学術的な内容を中心に様々な記事を書いています。

 

気に入っていただけたらブックマーク、twitterの(@tsureblo_nobu)フォローよろしくお願いします!



スポンサーリンク

関連記事

【書評】カラマーゾフの兄弟1 を読んでみて思ったことをそのまま書いていく!

全国の男性諸君よ、ある女性が好きになってどうしようもなくなったことはあるかい? &nb

記事を読む

【書評】今話題のビジネス書「チーズはどこへ消えた?」を読んでみた!

さあさあみなさんこんにちは!今日も今日とてブログ更新のぶです!   今

記事を読む

【書評】理系的観点から太宰治の「人間失格」を分析してみた。

大学生になったらやっていきたかったことの1つに本を読みまくるということがあって、それを書評にしてみな

記事を読む

【書評】話題の最新ビジネス書「迷路の外には何がある?」を読んでみた

あなたはこの変わりゆく時代で考え方を変えていかなければいけないのはわかっているけど、どのよう

記事を読む



スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



スポンサーリンク

解と係数の関係を解説!仕組みを理解して「n次方程式の解と係数の関係」を導出する!

おそらく、多くの受験生が数学をしていく上で利用するであろう解と

機械学習を学び始めてのまとめ。機械学習の勉強の段階に入れる人とそうでない人

Pythonを使ってゲームの開発をしていたのですが、この段階も

sin(x)のテイラー展開を微分を用いて導く!テイラー展開の根本の理解のために

大学一年生の解析学の授業で出てきて多くの人が??に追い込まれるテーラー

背理法を使って素数の無限性を証明していく!

素数は無限に存在するのか?それとも有限個なのか? &nb

相加相乗平均の公式の導出!数学の公式は導出から理解しよう!

多くの人が数学IIBの序盤でつまずく公式の定番、「相加

→もっと見る

  • どうも管理人の「のぶ」です!

    とある東京の国立理系大学に在学。

    物理工学を専攻中。

     

     



  • スポンサーリンク

PAGE TOP ↑