*

[数値解析]モジュールを使ってpythonプログラムをもっと楽に

こんにちはのぶ(@tsureblo_nobu)です。

 

さて、第二回の今回は数値解析をする上で欠かせないpythonに標準搭載されているモジュールについて簡単なものを解説しいきます。

 

1.平方根の計算

第一回では平方根の解を二分法を使って求めていきましたが、今回はあの面倒だったプログラムをすっきりとさせるために平方根の解を与えるモジュールについて解説していきましょう。

 

平方根を求めるためのmathモジュール中のsqrt()というものを使います。

 

それではプログラムを見てみましょう。

 

 

まず、10行目について解説

 

これはxに浮動小数(float)の値を入力(input)するという意味になっています。

 

つまりここで何か数字を入力するとxに数字が入力される仕組みになっています。

 

次に、12行目について

 

ここでは入力したxの値の平方根を取った数をmath.sqrt(x)が出力する形になっています。

 

実際にプログラムを実行するとこんな感じです。

 

 

このようにmathモジュールにあるsqrt()を使えば簡単に求めることができます。

 

 

2.方程式の解

pythonには方程式の解を出すためのモジュールも用意されています。

 

これはsympyモジュール内のsolve()を使うことですぐに求まります。

 

今回は\(x^3+2x^2-5x-6=0\)を解くプログラムです。

 

 

8行目でまずsolve()が用意されているsympyモジュールをインポートします。

 

次に11行目var(“x”)はxという変数を用意するという意味です。

 

この変数を使って12行目ではequationに\(x^3+2x^2-5x-6=0\)を代入しています。

 

ちなみにEq()は等価性を表すクラスで、今回の場合だとequationと\(x^3+2x^2-5x-6=0\)が同じということを表しています。

 

最後にこの方程式の解を知るために13行目でsolve(equation)とすることで、この方程式の解を出し、それを14行目で出力するという仕組みになっています。

 

実際に実行したらこのようになりました。

 

 

\(x^3-2x^2-5x-6=0\)の解の答えの[-3, -1, 2]がしっかりと返ってきました。

 

このようにして方程式の解も簡単に求められました!

 

3.最後に

今回紹介した以外にも様々なモジュールがpythonには用意されています!

 

ぜひ、調べて使いこなしてみてください!

 

このウェブサイトでも回を分けて紹介していきます。

 

このようにこのウェブサイトでは様々なジャンルの学問について解説を行なっています。

 

ぜひ、ブックマーク、twitterのフォローよろしくお願いします



スポンサーリンク

関連記事

機械学習を学び始めてのまとめ。機械学習の勉強の段階に入れる人とそうでない人

Pythonを使ってゲームの開発をしていたのですが、この段階も終わり(だいたい二週間ぐらい)

記事を読む

【プログラミング】Pygameで色の飽和を処理するための方法!

最近はpygameを使ってpythonでゲームを作るための勉強をしています。 &nbs

記事を読む

【数値解析】二分法をpythonプログラムを使って解説する

どうも!こんにちはのぶ(@tsureblo_nobu)です! 大学三年生になり研究室を決めない時期に

記事を読む

Pygameを使って画像を表示していく!【休学二日目】

今日はプログラミング言語のPythonのモジュールの1つであるPygameを使って画像表示を行いまし

記事を読む

pythonでゲームに色の変化を加えたい!画像に色の変化を加えるプログラムを解説

今日も今日とてpythonのモジュールであるpygameを使ってプログラミングの勉強をしてい

記事を読む



スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



スポンサーリンク

解と係数の関係を解説!仕組みを理解して「n次方程式の解と係数の関係」を導出する!

おそらく、多くの受験生が数学をしていく上で利用するであろう解と

機械学習を学び始めてのまとめ。機械学習の勉強の段階に入れる人とそうでない人

Pythonを使ってゲームの開発をしていたのですが、この段階も

sin(x)のテイラー展開を微分を用いて導く!テイラー展開の根本の理解のために

大学一年生の解析学の授業で出てきて多くの人が??に追い込まれるテーラー

背理法を使って素数の無限性を証明していく!

素数は無限に存在するのか?それとも有限個なのか? &nb

相加相乗平均の公式の導出!数学の公式は導出から理解しよう!

多くの人が数学IIBの序盤でつまずく公式の定番、「相加

→もっと見る

  • どうも管理人の「のぶ」です!

    とある東京の国立理系大学に在学。

    物理工学を専攻中。

     

     



  • スポンサーリンク

PAGE TOP ↑